御霊神社

  当神社は古来大阪市の船場、愛日、中之島、土佐堀、江戸堀、京町堀、靭、阿波堀、阿波座、薩摩堀及び立売堀、長掘の西部、南北堀江の西部等旧摂津国津村郷の産土神として、信仰の中心になっていました。
  当神社の創立は、太古大阪湾が深く入り込んで海辺はぬかるみ、芦荻が繁茂して圓(つぶら)江(え)と云い円形の入江に創祀された圓(つぶら)神祠に始まり、嘉祥三年(八五〇)の『文(もん)徳(とく)実録(じつろく)』に八十嶋(やそしま)祭(のまつり)の祭場が圓(つぶら)江(え)で、そこに創祀されたのが圓神祠とされ、八百年代後半の創建とされています。御神威高く、上古 天皇御即位の大嘗祭に続く八十嶋(やそしま)祭(のまつり)に預かり給い、後に土地が次第に固成して村を形成し、その名も津村(つむら)と転訛しました。
  豊臣秀吉公の大坂居城と共に政治経済の中心地として発展し、諸大名が来集してその崇敬も厚く什器の寄進も相次ぎました。
  中でも石州津和野藩の祖亀井茲矩候が邸地を割いて寄進されたので、文禄三(一五九四)境内の小祠乾八幡宮と源正霊神とを本殿に合祀して圓江(現在の靭)から現在地に鎮座しました。寛文年中御霊神社と改称、元禄九年(一六九六)御霊大明神と御贈号、宝暦三年(一七五三)九月正一位の神階を授けられました。また、伏見宮家より神輿修復の御寄進があり、幕府も城代巡見社として崇敬、明治六年(一八七三)郷社に昇格し、大正二年(一九一三)府社に列し、商業金融の中心地の鎮守として商家の崇敬が厚く、お弓神事、火焚神事や夏祭のお旅所への神輿渡御列淀屋橋から大川筋を下博労御旅所へ船渡御神幸)の華麗さは浪速名物の一つに数えられ現在に至っています。又、江戸時代両国三十三か所観音参りの三十三番礼所でもありました。

園文夫
2月・3月の行事予定
■毎月1日・15日 月次祭
■毎月8日 松之木神社祭
■毎月10日 東宮祭
■毎月18日 大黒社祭
 
■平成26年6月 水無月大祓式
■平成26年6月 茅輪(ちのわ)くぐり

6月と12月に行われる大祓式は私達が日々の生活の中で、知らず知らずのうちに犯している諸々の罪や穢れを祓い清めるとともに災厄を祓い除く為の儀式です。
特に六月に行われる大祓式は夏越大祓と言われ、アシ(ヨシ)などの水草を束ねた大きな茅の輪を左回り右回り左回りとくぐることにより草の持つ浄化と魔除けの力で心身ともに清浄となり、暑さ厳しい夏を神々の御神徳により健康で元気に乗り越えられるように祈る儀式です。

 
■平成25年10月18日22:00〜22:50放送 NHKの取材を受けました。
「ファミリーヒストリー」 中村獅童−名門の宿命に屈しない覚悟− で御霊神社が取り上げられました。
 
■「合格守」を新しくお作りしました
合格お守りをお作りしました。入学試験への合格祈願のみでなく、資格試験や就職活動など、あらゆる試験への合格を祈願しています。 >>お守り一覧へ
 
過去のお祭りと神事はこちら
境内と史跡案内
ご祈願・お守り・お礼